調査事務所の料金について

調査事務所とは

調査事務所、探偵や興信所などを探している人は、選ぶ基準として依頼料金を見る人が多いですが、料金だけを見ていると思わぬ失敗をしてしまうかもしれません。


年間で調査業に分類される業者と消費者(依頼者)との間で発生するトラブルの件数は数百件以上という報告があります。

そのトラブルのほとんどが、調査料金に関するトラブルだというので、料金に関して慎重になるのは仕方がないことです。

この料金のトラブルと一言で言っても、その内容は色々あります。

例えば、見積り段階で提示された金額と、契約後の金額大きく違っていた。
依頼に失敗して、証拠を得ることが出来なかったのに調査料金を支払えといってきた。
諸経費という名目で高額な料金を調査後に支払えと言ってきたなどなど…。

それこそ、支払い料金に関するトラブルしかないのでは?と思える量です。


そもそも、この調査に関する料金トラブルの原因は、探偵業界全体で料金のシステムが業者ごとに違っていること、そして複雑な料金体系をとっていることが大きな原因といえます。

また、この複雑怪奇なシステムを利用して、依頼者から金銭を騙し取ろうとする悪質な営業を行う業者の存在もあり、探偵業界全体のイメージダウンになっています。

イメージダウンをしてしまい、依頼が少なくなるのは探偵事務所や興信所の責任ではありますが、依頼をしようとする人にとっては大変迷惑な話です。

頼ろうと思う調査業者が信用できないのでは、ただでさえデリケートな問題を調査してもらおうとしているのです。
少しでも信頼することが出来る業者へ依頼をしたいと思うのが依頼人の本音でしょう。


そこで、探偵業界のわかりにくい料金システム、そして現在の探偵業界の注意点をここでは簡単にまとめてみたいと思います。

料金と一口にいっても、様々な項目が重なって総額の計算が行われます。

まず、一番最初に紹介するのは、探偵の基本料金部分です。
この基本料金というのは、実際に調査をおこなう調査員の人数と調査の時間、その調査時間にあった人件費のことを言います。
ほとんどの調査会社では、この人件費の計算を一時間5000円以上として計算しています。
高いときには一時間で2万円の人件費が必要というところもあるので確認が必要でしょう。

次の料金は、成功報酬です。
成功報酬とは依頼に成功した場合に支払う料金のことで依頼に失敗した場合には支払う必要のない料金です。

なかには成功報酬というシステムではなく初動費として保証金を預けておき、依頼に失敗したら一部の保証金を返金するといったシステムで運営しているところもあります。

そして、3つ目が諸経費や雑費と呼ばれる費用です。
この諸経費や雑費という費用は、調査をおこなったときに発生する交通費や機材の使用料金のことをいいます。
探偵事務所によっては、この諸経費を基本料金の中に組み込んでおき、基本料金が割高で表示する変わりに諸経費が0円というところもあります。

料金体系についてそれぞれの探偵事務所の料金を知るためには、インターネットなどでホームページを見ると簡単に知ることはできますが、無料見積りをしているところがほとんどなので、まずは電話で無料見積りをしてもらってから判断するといいでしょう。

逆に、見積りをしないで、一度事務所のほうにきてください。詳しい話はそこでさせて頂きます。とか言ってくる業者があった場合には、それはその場で契約を結ばせようとする悪質な業者の可能性があるので、絶対にすぐ事務所または探偵に会って話をきくということはしないほうがいいでしょう。

電話対応も出来ないところは確実におかしな業者、または悪質な業者の可能性があるといっていいでしょう。